2005年06月13日

引き継げ!コネクション。

横浜から帰りました(^ロ^)

今年の夏、日中友好の訪中公演を行う合唱団の、打楽器リーダーになってしまって(ありがたいこと)、頑張って打ち合わせ。

というか、今回の訪中公演、ちょっと見くびってた。
この合唱団は20年間も中国と交流を続けてきており、中国との間に強いコネクションを築いているのは知っていたけれど、この団にとっての訪中公演は、単に

「日本のとある合唱団が中国でちょこっと演奏してきましたよ」

というものではないらしい。

国をあげて大歓迎され、ホテルから料理から移動手段から全て手配され、上海や雲南省での公演に北京のエラいさん達が応援にかけつけてくれるといった一大イベントなのだ(〜ロ〜!)

「国と国との交流だよ」と聞いてはいたが、あまりにみんなサラっと言うのでなんとなく流して聞いていたけど、すごく貴重な体験ができるチャンスで、すげー楽しみになってきた!

「江戸時代に幕府が派遣した使節団みたいなもんだよ。」
って、えー!?あはは・・・状態。

当日は何人もの中国の音楽家も招聘するし、現地の人・少数民族ともたくさん触れ合う機会があるし、なんとかコミュニケーションとってみよう!

入社予定の製薬会社は中国で販売も拡大していくようだから、幸い全く違う箇所で公演をするし、土地柄の違い・生活の違い・考え方の違い・浸透している音楽の違いなど、アンテナはって意識し続けて、何かを肌で感じて帰ってくるぞ!
中国でも音楽療法って通用するんかな。どうなんやろ。


ここまでできたらホンマ充実した旅になるけど、しばらく楽譜とにらめっこ。
手が首の付け根からもう1本出ていたらどんなに助かることやら(〜〜)
楽器はそろってるのになー(><)
posted by ゆうきち at 22:02| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。